メスティンで山ごはん / レシピ#3簡単プルコギ&十六穀米

プルコギ 山ごはん

プルコギは韓国の定番メニューで、甘めのしょうゆベースで肉と野菜を漬けこんで焼くスタミナ料理です。今回は市販品を使うので調味料要らず!かんたん混ぜるだけのレシピをご紹介します。十六穀米で食物繊維、ミネラルも摂取出来るのでとてもヘルシーですよ!

このレシピの特長

プルコギの素

プルコギは、丸美屋から出している「ちょいクック プルコギの素」を使って作ってみました。コチュジャンなどの調味料を用意する必要がなく、料理苦手な人でも手軽に韓国料理が作れます。これは辛くないので、辛いのが苦手な方にもおすすめです。(スーパーで探してみてね)

通常は牛肉を使用しますが、今回はお安い豚肉を使っています。

十六穀ごはん

ご飯は、ヘルシーフードの雑穀ご飯にしてみました。使用したのは「はくばく おいしさ味わう十六穀ごはん」です。もちあわ、黒米、黒豆(大豆)、アマランサス、発芽玄米、キヌア、高きび、小豆、黒ごま、白ごま、もちきび、大麦、赤米、ひえ、はと麦、とうもろこしが入っています。

炊く直前に、洗わずそのまま入れます。

材料

プルコギ材料

【プルコギ】

  • 牛肉又は豚肉うすぎり(こま切れでも可) 100g
  • 玉ねぎ 1/4個
  • 人参 4cm
  • ちょいクック プルコギの素 1袋
  • ごま油 小さじ1
  • ハーフメスティン折 1枚

野菜はお好みで、ピーマン、キノコ類、ニラ、もやしなどを追加しても美味しいです。

【十六穀米】

  • 米 0.5合(75g)
  • はくばく十六穀ごはん 小さじ2
  • 水 120cc(十六穀を入れるので多めです)
  • ハーフメスティン折 1枚

作り方

1、お米は研いでザルにあげ、ジップロックに水120ccと共に入れて30分以上吸水させておく。

2、玉ねぎは幅2mmの薄切り、人参は皮をむいて幅1~2mmの短冊切りにする。

3、お肉は食べやすい大きさ(5cm幅)に切る。

作り方1

4、ボウルにすべての材料を入れる。

作り方2

5、ちょいクック プルコギの素1袋、ごま油小さじ1を入れる。

作り方4

6、全体がなじむようによく混ぜる。

作り方5

7、メスティンにハーフメスティン折をセットし、それぞれ具材を入れる。白米に「十六穀ごはん」小さじ2を入れて、軽くかき混ぜます。

作り方6

8、準備完了です。

作り方7

9、固形燃料25gに点火し、火が消えるまで自動調理します。(約28分)

作り方8

10、火からおろしたら保温して蒸らし10分。

作り方9

11、出来上がりです。

プルコギは、甘めで優しいお味。野菜もお肉も柔らかくて箸が進みますよ~。

十六穀米ですが、実は水110ccで炊いたところご飯が少し硬めだったので、120ccがちょうどいいと思います。

山へ持って行く場合

  • プルコギは、混ぜ合わせたらビニール袋(又はジップロック)に入れて口をしっかり閉め、保冷バッグ(+保冷剤)に入れてください。
  • 十六穀米は、ジップロックに入れて水加減したら十六穀を投入し、口をしっかり閉めて持参してください。

まとめ

今回は、調味料を準備しない簡単なレシピをご紹介しました。市販品を上手に使うことで、山ごはん作りはさらに楽に便利になりますね!

雑穀米には、十六穀のほか、十穀、十八穀、三十穀などメーカーによってバリエーションがあります。雑穀の種類によって栄養素が違い、品目が多いほどバランスが良くなるので、ご自身の好みでいろいろな雑穀を試してみるのも楽しいですよ!

コメント