メスティンで山ごはん / レシピ#2白菜と豚バラ肉の重ね蒸し&白飯

白菜と豚バラ肉の重ね蒸し 山ごはん

ハーフメスティン折を使った山ごはん第2弾は、「白菜と豚バラ肉の重ね蒸し」です。鶏ガラスープをベースにして桜えびをトッピング。ごま油の風味が食欲をそそります。華白菜風で見た目もきれいですよ!例によって安定の自動調理です♪

このレシピの特長

白菜と豚バラ肉の重ね蒸しは、だしで和風、コンソメで洋風、鶏がらスープで中華風と、アレンジ次第でいろいろな味が楽しめるテッパンメニューです。

今回は野外で食欲が出るように、ごま油を使って中華風にしてみました。

材料

材料

【白菜と豚バラ肉の重ね蒸し】

  • 豚バラ肉 3枚
  • 白菜 2枚
  • 乾燥桜えび(乾燥小海老でも可) 5~6個
  • 水 大さじ2
  • 鶏ガラスープの素 小さじ1/8
  • 酒、ごま油 各小さじ1
  • 醤油 小さじ1/3
  • 塩、コショウ 適量

【白飯】

  • 米 0.5合(75g)
  • 水 110cc
  • ハーフメスティン折 2枚
  • ジップロック小 1枚

作り方

米吸水

1、米0.5合は洗ってザルにあげ、ジップロックに水110ccと共に入れて、30分以上吸水させる。

2、白菜は洗って横半分に切る。

3、豚バラ肉は長いものは半分に切る。

作り方1

4、白菜に塩、こしょうをふり、豚肉の1/3量を広げて乗せる。

作り方2

5、豚肉に塩こしょうをふり、さらに白菜→豚肉と重ねていく。

作り方3

6、最後に白菜でふたをする。

作り方4

7、横方向に3等分する。

作り方5

8、メスティンにハーフメスティン折を敷き、それぞれをセッティングします。白菜は切り口を上にするときれい。(本当はもっと丸くお花のようにしたかった…)

桜えび

9、乾燥桜えびをトッピングします。

作り方7

量はお好みで。これがいい味を出します。

作り方6

10、スープを作ります。容器に水大さじ2、鶏がらスープの素小さじ1/8、酒小さじ1、ごま油小さじ1/2、しょうゆ小さじ1/3を入れてかき混ぜます。(溶けなくてもOK)

作り方8

11、スープを上からかけて準備完了です。

山に持って行く場合

  • スープは具材には投入せず、タレ瓶やビニール袋などに入れて持って行き、現地でかけるようにしてください。
  • 具材はハーフメスティン折に入れた状態でラップでしっかり包み、保冷バッグ(保冷剤入り)に入れてください。
作り方9

12、固形燃料25gに火をつけ、消えるまで自動調理します。(約28分)

作り方10

13、火からおろし、蒸らし10分(ひっくり返さないでね)。完成です^^ ご飯も焦げ目なく炊けました。

白菜とお肉に染みた、ほんのりごま油風味の中華スープが絶品なので、最後の一滴まで完食できます。ご飯にかけてもいいですよ♪

まとめ

メスティンを使った自動調理が本当に便利です。セットして火にかけてしまえば、あとは全部メスティンがやってくれるので有難い!

白米はハーフメスティン折を使うことによって、0.5合でも美味しく炊けることが分かりました!水は100ccでもできますが、やや硬めになるので110cc推奨です。

白菜と豚バラ肉の重ね蒸しは、アレンジ次第でいろいろな味が楽しめるので、皆さんも試してみてくださいね!

コメント