登山ザックの防水対策どうしてる?荷物を濡らさない工夫をしよう

雨の涸沢カール山の道具

登山に雨はつきもの。小雨ならザックカバーだけで何とかなりそうですが、長時間の暴風雨になってしまったらどうしますか?ここでは、基本的なザックの防水対策と、実際に経験したことを元に、「荷物もザックも極力濡らさない方法」を考えてみたのでご紹介します。

防水対策の基本は?

ザックの中の荷物を濡らさないために、みなさんはどんな工夫をしていますか?慣れた方でしたら以下は基本的な知識ですが、初心者さんは知らない方もいるかもしれませんので、最初におさらいしておきます。

  • 一番のポイントは、ザックの中にすっぽり入る同じ大きさの防水スタッフバッグを入れることです。ロールトップ(折りたたんで留めるタイプ)が安心です。厚手のビニール袋でも代用できます。その中に濡らしたくない荷物の全てを入れます。
  • カメラ、携帯電話、電子機器など、絶対に濡らしたくないものは、さらにコンパクトなスタッフバッグに入れて小分けをします。
  • ザック本体をザックカバーで覆います。ただ、背面部(背中とザックの間)は防水されません。地面に置いた時に、泥汚れからザックを守ることはできます。

暴風雨での苦い経験

以前、紅葉時期の涸沢カールで暴風雨に逢ったことがありました。朝、横尾山荘から出発して涸沢カールまで歩き、当日中に横尾に戻ってくる山行です。

この日は台風の接近で、一日中強い雨が降り続きました。体はレインウェアで大丈夫でした。ザックの中も、スタッフバッグをしっかり入れていたので濡れなかったのですが、ザック本体がザックカバーをしていたのにびしょ濡れになってしまいました。(ザックは撥水加工されていたはずですが全く役に立たず)

ザックカバーの下には水抜き用の穴が開いていたのですが、ほとんど機能せず、下に水が溜まってザックの底部を濡らしました…。

さらに、無防備だったウェストベルトポケットも濡れて、中に入っていた財布(お札も)、ティッシュ、ハンカチがずぶ濡れに!雨の時点で、中味を出しておくべきだったのに、その時はそこまで頭が回らなかったのです。

山小屋に帰ってからがさらに大変でした。ザックからは水がしたたり落ちるほど!玄関は他の登山者も同じような状態で修羅場化していました。

小屋番さんから「濡れたザックを部屋に入れないでください」と言われました。湿気を持ち込むとカビが生えるかららしいです。幸い、大きなビニール袋を持っていたので、ザックをすっぽり包み、なんとか事なきを得ました。

中味を全部出した濡れたザック、レインウェア、帽子などを乾燥室に持っていくと、なんと乾燥室は満員御礼!そりゃそうですよね。皆さん濡れてるんだもんね。なんとか置けたはいいものの、朝になってもザックは乾かなかったのです。乾燥室が容量オーバーで、もはやスチーム室になってしまってたんですね~。

次の日、水分でずっしりと重くなったザックを背負って、太陽の熱で乾かしながらピーカンの上高地を歩いたこと、今でも忘れられません。

そんな経験をして解ったことは、大雨に降られた場合、

  • ザックカバーは何の役にも立たない
  • ザックの中は防水できても、ザック本体は濡れてしまう
  • ザックは、高機能で生地が厚く、ポケットがたくさんついているものほど濡れた後の乾きは悪い

ということでした。

完全防水ザックを探す

そういった経験をして、私は「じゃあ、ザック本体を防水にすればいいのでは」と思い、探し始めました。

ところが、これがなかなか見つからなかったのです。防水を謳っているザックは沢登り、釣り、タウン用が多く、登山用はあまりないのですね。なぜなんでしょうね?重くなるから?

防水性能が高いゴアテックスでザックを作ればいいのでは?とも思いますが、ウェアはあってもザックでは皆無です。ゴアテックスは性能が良すぎるので(透湿性はザックには不要)、ザックでは使えないのでしょうか。いろいろな制約があるようです。。

それ以外の素材、例えば「アウトドライ」や「X-PAC」も検討しましたが、大きさが合わなかったり操作性がイマイチだったりで、中々購入に至っていません。

ちなみに、皆さんは防水、撥水、耐水の違いをご存知でしょうか?

  • 防水とは、外界から水が入り込まないように加工すること。ウォータープルーフとも言う。
  • 撥水とは、生地の表面を加工し、水をはじくこと。
  • 耐水とは、水に耐える強さで、生地に浸み込もうとする水の圧力によって性能が変わる。

これを見ると、撥水は問題外ですね。耐水も耐水性等級によっては浸水するかもしれず、やはり安心なのは防水ということになります。

アタックザックの利用を教えてくれた人

実は、涸沢の暴風雨の中、1人だけアタックザックを背負ってる人がいました。(ちなみに、この時は山小屋に不要なものを置いておくことができたのです)

アタックザックにザックカバーは取り付けられませんから、ずぶ濡れです。中は大丈夫かと聞いてみると、「中にスタッフバックを入れているから大丈夫ですよ」とのこと。なんと、アタックザック用のスタッフバッグも用意していたんですね。

そこで気付いたこと。同じ濡れるのでも、大きなザックよりアタックザックのほうが確実にあとが楽だということです。

なぜそこに気付かなかったのか。私もアタックザックは持っていたのですが、防水対策をしていなかったので使う選択肢すらありませんでした。

やはり経験の多い方は違いますね!「たくさん失敗をしてきて、最終的に気付けた」と言っていました。防水対策は、家を出る前から考えておくべきなんですね。いい勉強をさせてもらいました。

注意

アタックザックの使用は、山小屋にザックをデポできる場合のみとなります。

私が考えた雨対策

以上のことを踏まえて、私は以下のことを実践してみようと思いました。

条件出発する前に天気が崩れることが予想できる場合。

1、雨用のザックを別に購入する。ポケット類の多いザック、乾きが遅いザックは使わない。

  • 出来るだけ雨に強い素材
  • ポケット類が極力ないもの
  • ロールトップ方式
  • ジッパーはテープなどで防水対策が施されているもの

2、基本対策はしっかり行う。(上に記載したポイントです)

3、アタックザックとアタックザックと同じ大きさのスタッフバッグを用意する。(これは荷物がデポできる場合に限る。ザックの替わりに使用する)

番外編、ザックと一緒にポンチョを被る。という方法もアリかなと思ったのですが、危なそうですし、体温で蒸れそうな気もするので保留にしておきます。

多少出費は掛かってしまいますが、大事なザックが濡れるよりはいいかなと思います。ザックは濡れるのが当たり前、濡れても平気という方は必要のない事かもしれませんね。

まとめ

雨の登山は趣があっていいですし、多少の雨なら私も決行してしまいますが、暴風雨は別です!私はもうあの悲惨な体験だけはしたくないので、これからの山行で上記の雨対策を実践してみたいと思っています。

現在、まだ大雨に当たっていないので(笑)、結果はまたいつか当サイトでご報告しますね!

コメント