登山ザックの防水対策 / 荷物を濡らさない方法と雨の日におススメのザックは?

雨の涸沢カール山の道具

登山に雨はつきものです。体はレインウェアを着れば濡れずに済みますが、ではザックや中の荷物はどうしたらいいでしょうか?ザックカバーを付ければ小雨は何とかしのげますが、これが長時間の暴風雨になってしまったらほとんど役に立ちません。ここでは私が暴風雨を経験したことを元に「荷物もザックも極力濡らさない方法」をご紹介します。

ザックの中の荷物を濡らさないための対策

ザックや荷物を濡らさないためのザックカバー。大抵のザックには付属品としてついています。ですが、ザックカバーを付けていれば大丈夫とも言えません。もちろん少量の雨程度ならザックが濡れるのを防いではくれますが、暴風雨になってしまったらもうお手上げです。しかも、風で簡単に外れますので、最悪ザックどころか中の荷物までびしょびしょになってしまいます。

じゃあどうしたらいいの?って思いますよね。ザックは濡らしてしまっても中身は濡らしたくありません。ここではまず、一番大事な中の荷物を雨から守るための対策法を知っておきましょう。

【荷物を濡らさないための対策

  • 荷物を濡らさない方法はザックの中にすっぽり入る、ザックと同じ大きさか多少大きめの防水スタッフバッグを入れることです。インナーバッグとも言います。ロールトップ(折りたたんで留めるタイプ)が安心です。厚手のビニール袋でも代用できます。その中に濡らしたくない荷物の全てを入れます。
  • 絶対に濡らしたくないカメラ、携帯電話、電子機器など、頻繁に出し入れするものは、さらにコンパクトなスタッフバッグに入れます。ジップロックでもいいでしょう。
  • ザック本体をザックカバーで覆います。ただし、背面部(背中とザックの間)は防水されません。雨は背中側から浸水します。地面に置いた時に、泥汚れからザックを守ることはできます。

ポイントは、外だけで防水するのではなく中でも防水するのです。それでは細かく解説していきましょう。

ザックの中にスタッフバッグを入れて防水しよう

インナーバッグ

スタッフバッグを使用した防水対策は、登山の世界ではもはや常識となっています。ザックを開けた時にワンアクション増えてしまいますが、荷物を濡らさないためには必要なことなのです。スタッフバッグでの防水対策は沢登りでも使われているので確実性があります。

左:シートゥサミット50L、中:EXPED22L、右:キャラバン20L

上の写真は私がインナーとして使っているスタッフバッグです。ザックの容量や形によって使い分けています。

スタッフバッグはナイロン製のスベスベした薄い生地で出来ていて、縫い目にはシームレステープが施され完全防水となっています。入口はロールトップ式がオススメ!上からの雨の侵入を防いでくれるので安心です。できるだけ薄手のものを選ぶことで軽量化(U.L.)が可能です。

大きさはザックよりも少し大きめのものを選ぶのがコツです。インナーが小さいとザックとの間に隙間ができて、ザック容量分の荷物を入れることができなくなります。

ゴミ袋でもいいのですが、使っているうちに穴が開いてくるので性能的には不十分。山小屋でガサガサ音が気になることもあります。とは言え、スタッフバッグは結構お値段がいいので、臨機応変に使い分けましょう。

電子機器には防水ケースを使おう

aLOKSAK防水マルチケースXSサイズ

電子機器やカメラ、スマホなどは雨に濡れると故障することがあり、高価なものだけに大きな痛手を被ってしまいます。私も過去にデジカメを雨で死なせてしまったことがあります…。aLOKSAKは私がもう何年も使っている防水ケースです。アメリカ食品医療局(FDA)とアメリカ国立科学財団(NSF)の認証済で、気温―40℃まで耐えられ、スマホのタッチパネル利用も可能です。サイズ展開も豊富。大事な貴重品も防水ケースで守りましょう。

ザックカバーの選び方と利用術

ほとんど信用できないザックカバーですが、ないよりはあったほうがいいです。ザックカバーを購入する際は、次の点に注意しましょう。

参考例:ミレーサースフェーのザックカバー

最初からザックに付属されているザックカバーの場合

何らかの方法で本体と繋がっているザックカバーはポイントが高いです。

強風時に本体とカバーが繋がっていることで、ザックカバーが飛んでいくのを防ぐことができます。ザックを購入する時のチェック項目にもなります。

参考例:ISUKAデイパックカバー(別売り)

別にザックカバーを購入する場合

ザックに付属されていない場合は別購入しましょう。ベルクロなどでザック本体のどこかに固定できるタイプがおススメです。

写真のようにショルダーベルトに巻き付けるもの、ザックの胴体にベルトで巻きつけるものなどがあります。ザックカバーの紛失を防ぐために必要です。

ザックカバーの便利な使い方

  • 雨具の一時保管場所に便利です。ザックカバーを裏返し、濡れたレインウェアを包みます。別にビニール袋を用意する手間が省けます。
  • 雨以外の使用方法では、テント内や小屋泊で、着替えや仕分けしたいものなどをまとめて入れておくのに便利です。

ちなみに、ザックカバーについているハトメ(穴)は水抜きなので、下にして使用します。

ザックカバーも使い方次第で安心・便利に活用することができますのでお試しください。

雨の日におススメのザックは?

雨の日は中身の防水対策が優先ですが、できればザック本体も極力濡らさないことが望ましいです。ザックそのものが濡れてしまうと、ザックの生地によってはすぐに乾かず、重量が増し、あとの行程が苦行になってしまいます!

大雨に降られ、ザックがびしょ濡れになった苦い経験

以前、紅葉時期の涸沢カールツアーで暴風雨に逢ったことがありました。この日は台風の接近で、一日中強い雨が降り続きました。体はレインウェアで大丈夫でした。ザックの中も、スタッフバッグをしっかり入れていたので濡れなかったのですが、ザック本体がザックカバーをしていたのにびしょ濡れになってしまったのです。ザックは多少撥水加工されていましたが全く役に立たず、背面から水がザックに浸み込んでしまいました。ちなみにその時のザックはミレーのサースフェーでした。

ザックカバーの水抜き用の穴はほとんど機能せず、中に水が溜まってザックの底部を濡らしました…。

さらに、無防備だったウェストベルトポケットも濡れて、中に入っていた財布(お札も)、ティッシュ、ハンカチがずぶ濡れに!雨の時点で、中を出しておくべきだったのに、その時は濡れないだろうと思っていたのです。

山小屋に帰ってからがさらに大変でした。ザックからは水がしたたり落ちるほど!玄関は他の登山者も同じような状態で修羅場化していました。

小屋番さんから「濡れたザックを部屋に入れないでください」と言われました。湿気を持ち込むとカビが生えるかららしいです。幸い、大きなビニール袋を持っていたので、ザックをすっぽり包み、なんとか事なきを得ました。(雨の山行では大きいゴミ袋などを準備しておくといいですよ)

濡れたザック、レインウェア、帽子などを乾燥室に持っていくと、なんと乾燥室は満員御礼!そりゃそうですよね。皆さん濡れてるんだもんね。なんとか置けたはいいものの、乾燥室が容量オーバーでスチーム室になってしまっていて、朝になってもザックは乾かなかったのです。

次の日、生乾きで重くなったザックを背負って、太陽の熱で乾かしながらピーカンの上高地を歩いたこと、今でも忘れられません(次の日は晴天だった)。なんとも嫌な思い出です。

そんな経験をして解ったことは、大雨に降られた場合、

  • ザックカバーは何の役にも立たない
  • スタッフバッグでザックの中は防水できても、ザック本体は濡れてしまう
  • ザックは、高機能で生地が厚く、ポケットがたくさんついているものほど濡れた後の乾きは悪い

ということでした。これは実際に経験してみないと分からない事ですね。この経験が良かったのか悪かったのか?それ以来、私は真剣に雨の日対策をするようになりました。

撥水性・防水性のあるザックを使おう

山と道MINI
山と道 mini(X-PAC)

雨の日には、ザックの素材は撥水性・防水性のあるものを選ぶのがいいでしょう。特にX-PACファブリックを使ったザックは防水性に優れており、雨の侵入を防ぐのに役立ちます。しかも軽くて丈夫なのでハードな山行にもおススメです。(完全防水ではありません)

総合して次のようなザックが雨の日には向いていると言えます。購入する際の参考にしてください。

  • 防水性のある素材で出来ている。→X-PAC、ラミネート処理済み、沢登り用ザックなど。
  • ロールトップ方式である。→水の侵入を防いでくれるので、雨が浸み込みにくい。
  • 保水しにくい素材で出来ている。→逆に厚手のしっかりしたザックは水をためやすい。
  • ウェストベルトや背中のパッドが厚すぎない。→押せば水が滴るって嫌でしょ?
  • 止水ジッパーがある。→防水加工されたジッパーなので、雨が浸み込みにくい。

また、外付けの多いザックは便利ですが、雨の日はなるべく避けるようにしましょう。ウェストポケットはザックカバーでは覆いきれませんので、雨の日には中にモノを入れないようにしましょう。

【雨の日におススメの防水性のあるザック】

<マウンテンハードウェア/スクランブラー35>

素材のすべてがX-PACで作られているバックパック。高い防水性と軽量化の実現でロングセラーになっています。登山、ロッククライミング、沢登りに使える万人向け。一回り小さい25もあります。

<アコンカグア/イグアス 23L+7>

完全防水を謳っているだけあって、無駄な外付けがなく、左右に防水ジッパー付きのポケットがあるのみ。ロールトップ式で雨の侵入を防ぎます。しかも軽量。

山と道のザックもX-PACを使用しているので、水に強いザックと言えるでしょう。

濡れてもすぐに乾くアタックザックを使うのもオススメ

オスプレイ ウルトラライトスタッフパック18L

荷物の少ない日帰り登山や、メインのザックを山小屋やテント場にデポできる場合は、アタックザックを使うのも手です。

よく山頂直下で、荷物の量が微妙で、どちらのザックを持って上がろうか迷うことがありますが、大切なメインザックが濡れてしまったら大変です。迷わずアタックザックを選びましょう。

アタックザックは薄手なので雨に濡れても乾きやすいです。最初から濡らすことを前提にしましょう。同じ濡れるのでも、大きなザックよりアタックザックのほうが確実にあとが楽ですからね。ザックカバーは付けません。中身はスタッフバッグに入れてしまえば濡れることはありません。

使った後は乾燥室や屋内で鼻歌交じりで乾かしましょう。乾かす場所がない時はビニール袋に入れ、コンパクトに持ち帰りましょう。帰り道はメインザックでルンルンです。

【雨の日におススメのアタックザック】

アタックザックについては、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

まとめ

今回は雨の登山で、出来るだけ荷物やザックを濡らさず快適に過ごす対策法をご紹介しました。

  • ザックの中にスタッフバッグを入れて荷物を濡らさない。
  • ザック本体をできるだけ濡らさないよう、撥水性・防水性の高いザックを選択肢に入れてみる。
  • 濡れても乾きの早いアタックザックを活用する。

良かったら参考にしてください。

完璧に防水することはなかなか難しいですが、大事な荷物やザックを極力濡らさないために、今できることを考えてみましょう。

それではこれからも楽しい山登りを!

コメント