ミレー / 登山ザックサースフェー30+5を徹底レビュー

ミレーサースフェー1山の道具

高い機能性と耐久性で多くの登山者に支持されているミレーのザック。中でもサースフェー30+5は、日帰りから小屋泊登山にちょうどいい大きさで女性にも人気です。どんなところに工夫があるのかレビューしてみました。これを読めばサースフェーのすべてが解りますよ!

私がなぜサースフェーを買ったのか

私が、初めて泊まり用のザック(30L)を買いに行った時、試したのはブランドの違う4つのザックでした。その中で自分に最も合っていたのがミレーでした。背負った瞬間にしっくりときて体になじみ、背中もウエストもとても心地よかったのです。

また、ポケットがたくさんあって、とても使いやすく感じました。女子にとってポケットは必要アイテムですよね!

形も、「ガチで登山するぜ~!」みたいな仰々しいところがなくて気に入ったのでした(笑) 私はよく公共交通機関を利用するので、見た目も大事なんです。

結局、ミレーの一択となり購入に至りました。

それ以来、泊りの登山では必ずミレーのサースフェーを使用しています。使い勝手が良く、持ち上げた時は重くても背負ってしまえばなぜか重さを感じないんです。周りもミレーユーザーが多く、人気なんだなぁと嬉しくなります。

サースフェーはいろいろなところに工夫が施されている

サースフェーはミレーの定番バックパックです。長い間ロングセラーになっているのはなぜでしょうか?ザックの特長、装備をご紹介します。(私のサースフェーは2018年版なので、新型と一部異なる仕様があります。ご了承ください)

特長

素材210デニールCORDURA®ナイロン
容量30+5L
背面長S=43cm M=48cm L=51cm
重量S=1,450g M=1,500g L=1,500g
構造2気室(1気室にもなる)
背面長サイズSML
身長(cm)145~165160~175170~190

Sサイズは、ハーネス形状、チェストベルトの位置が女性用に調整されています。もちろん小柄な男性も使用できます。私は身長164cmですが、Sがちょうど良かったです。品番にLDがつくのは女性用(Sサイズ)です。

装備

フロント(前面)  +5とは?

ミレーサースフェー1

最小サイズ(黒いコードは後付けです)

ミレーサースフェー2

最大サイズ

ミレーサースフェー3

+5の理由は、高さ調節可能な雨蓋

ミレーサースフェー21

調節可能なアイスアックス・トレッキングポールホルダー(下)

ミレーサースフェー22

同じく(上)

サイド

ミレーサースフェー4

右サイド :ストレッチメッシュポケットが飲み物をしっかりホールド。

ミレーサースフェー5

左サイド :ジッパーポケットがついています。(新型は下部にもうひとつポケットがつきます。またテントマットが装着できるようコンプレッションベルトも長めになりました)

ミレーサースフェー6

メッシュポケットは開口部がふたあり、背負ったままでもドリンクボトルを出し入れできる。これは大変便利です。

ミレーサースフェー7

ジッパーポケットには小さいお財布やスマホなどが入る。ジッパーの両脇にマチはあるが、深さはそれほどない。

ミレーサースフェー33

右サイドにハイドレーション用の穴がある。

また、両サイドにコンプレッションストラップがあり、荷物のがたつきを抑えてくれる。新型はテントマットも取りつけられるよう長めになっています。

バック(背面)

ミレーサースフェー

背面部(グレー部)は、水を逃がすフィルターフォームの採用で、汗のストレスを軽減してくれます。中央の黒い部分はネット仕様。

ミレーサースフェー32

可動調整可能なチェストストラップはホイッスル付き。左右のハンドレストは、疲れた腕を休ませるのに重宝しています。

ミレーサースフェー

左ハーネスについている収納型小型チェストポケット。使わない時はマジックテープで折りたたむことが出来ます。

ミレーサースフェー30

私はサングラスを入れることが多いです。小型スマホも入ります。

ヒップベルト周り

ミレーサースフェー25

大きめのパッドがウェストをしっかり支えてくれます。ベルトの着脱や締め加減も楽にできるので気に入っています。

ミレーサースフェー6

私が一押しの大型フォールディングポケット。通常のサイズでも結構入るのですが…

ミレーサースフェー7

マジックテープを外すと、折りたたまれていたもう半分が出てきて…

ミレーサースフェー8

倍の大きさになりました!感動ものです。

ミレーサースフェー31

なんと500mlのペットボトルが入ってしまいます。化粧道具、大型スマホ、行動食など、いろいろ入って超便利なんです!

ミレーサースフェー26

右側のポケットもミニ財布やiPhoneが入ります。

ミレーサースフェー27

ヒップベルトと本体を繋ぐ部分にもコンプレッションベルトがあります。荷物をより自分のほうへ密着させることが出来ます。

雨蓋

ミレーサースフェー10

雨蓋には2つの外ポケット。そのうちの1つにザックカバーが収納されています。脱落防止ストラップ付きで、強風時のザックの開け閉めに安心です。

ミレーサースフェー29

ザックカバーの他にも地図などが入れられて、容量たっぷり。背面側からアクセスできるのは私には便利です。なぜなら、ヒップベルトをした状態でザックを前に持ってきた時に、中がよく見えるから!

ミレーサースフェー28

もうひとつのポケットは奥行があまりなく、それほど入らないです…

ミレーサースフェー11

雨蓋の裏にも収納が。貴重品などを入れるのによさそうです。

開口部

ミレーサースフェー34

1ステップ:最初のバックルは長さ調節可能

ミレーサースフェー35

2ステップ:ループに指をかけて瞬時に開閉可能

ミレーサースフェー36

3ステップ:最後の開閉も指1本。雨をしっかり防ぎます。でも、時々面倒な時もあるんですよね。なかなか中に辿り着けない…

内部

ミレーサースフェー13

内部にポケットひとつと、ループ状のストラップが2本。ハイドレーションの吊り具だと思います。私は丸めた地図を固定したりしています。

ミレーサースフェー14

奥が深く、たっぷり入ります。取り出しやすさはいま一つ。2気室にすれば問題ないかも。

底部

ミレーサースフェー16
ミレーサースフェー34

便利なボトムコンプレッションストラップ。服やテントマットなどを挟める。

ミレーサースフェー15

2気室構造で下からのアクセスが可能。私は下段にレインウェアを入れて、すぐに取り出せるようにしています。仕切りはファスナーがついているので、1気室にも2気室にも変更可能

まとめ

いかがだったでしょうか?できる限り詳しくレビューをしたつもりですが、不明な点があれば聞いてください。いいところばかりじゃなく、ちょっと不満ってところも書いてみました。感想は人それぞれなので、あくまでも参考程度にお読みいただければと思います。

こうして改めてサースフェーを見直してみると、やはり人気の秘密がわかります。登山する上での使いやすさをとことん追求し、耐久性、機能性も重視した素晴らしいザックです!

ほかのメーカーのザックにも素晴らしいものがたくさんありますが、こうして何かの縁でミレーに出会えたわけなので、私はこれからもサースフェーを大切に使っていきたいですね。

コメント