登山の救急セット おすすめは?私のアイテムを紹介します

救急セット山の道具

登山をする上での必需品に救急セット(ファーストエイドキット)があります。もしもの時のケガや体調不良時に役立ちます。でも、どんな入れ物に何を入れておけばいいのでしょうか?初めて準備する方のために、私が実際に揃えているものをご紹介します!

ケースを選ぶポイントは?

まずはケース(ポーチ)をどのようなものにしたらいいのか悩む方がいるかもしれません。初めて買うのであれば、中身も一緒に売られている商品もあるので、手っ取り早くていいと思います。ですが、そのうち使わないものも出てきたりします。

最終的には自分が必要なものだけをカスタマイズすることになるので、どちらかと言えば中身よりケースのほうを拘ってほしいなって思います。

私なりに、ケース選びのポイントをまとめてみました。

ポイント① 一目見て救急セットだとわかるもの

よく見るのは、赤に白の十字マークですね!自分がケガをした時、もしかしたら他の人にザックから救急セットを出してもらうことがあるかもしれません。誰が見ても一目でわかるような入れ物にしておけば、時間の短縮につながり、処置も早く始められます。

ポイント② 軽くて丈夫なもの

登山において、重さは重要。1gでも軽い素材を選ぶのがおすすめです。また、すぐに穴が開いてしまうようなビニール素材は避けたほうがいいでしょう。

ポイント③ かさばらない素材

山行形態(日帰りか泊りか)によって中身の量は増えたり減ったりします。ハードケースなどの大きさが決められた素材のものより、ある程度厚さが変化する柔軟性のあるものがおすすめです。ザックの中に無駄な空間は作りたくありません。

ポイント④ 中身が取り出しやすいもの

開口部が観音開きになる、一目見て全体が見えるものがおすすめです。一刻を争う時に、巾着型のスタッフバッグや、奥が深くて中が見えない封筒型はイライラしちゃいます。

大きさはどれくらいのものがいい?

自分がどのような山行をするかによって違ってきます。日帰りなのか泊りなのか、ハイキングなのか登山なのか、など考えた時に、大きすぎても小さすぎても使いづらいです。

実は、私は2回買い物に失敗しています(^^; 大きさがイメージできなかったんです。

救急セット3種上から画像

私の所持品です。左からLIFE LINE(S)(16×8×4cm 重量117g)、ドイター(18×11×5cm 重量70g)、モンベル(18×11×7.5cm 重量80g)です。

救急セット3種横から画像

横から見ると厚みはこんな感じです。

LIFELINE

最初に買ったのはLIFE LINE(S)でした。中身が付いているタイプです。中はこんな感じです。ちょっと小さ過ぎて失敗でした。しかもハードケースだったので、たくさん入れるとジッパーが閉まらないし、開けると中身が飛び出すし、私には使いづらかったです。日帰りハイキング用に格下げになりました(笑)

モンベルファーストエイドバッグ

次に購入したのがモンベルのファーストエイドバッグSになります。中は防水性の高いジッパー付きの部屋と、小分け用のインナーポーチが付いています。バッグ自体がトレーになるということと、防水機能が売りです!が、私には大き過ぎました。厚みが結構あるので、ザックの中で意外と場所を取るんですね。また、ジッパーの開きが狭くて取り出しにくいこともあり、日帰りで使わなくなりました。

ドイターファーストエイドキット

最後に買ったのがドイターのファーストエイドキットです。中は、ジッパー付きの部屋と、ネット状のインナーポーチ、3つの仕分け収納ポケットが付いています。素材はナイロン、ポリエステルで防水機能はありませんが、パッと見てどこに何があるのか分かることと、中身の量によって、フレキシブルに膨らんだりコンパクトになったりするのが一番気に入った点です。サイズも私にはピッタリで、現在は日帰りも泊りもこれを使用しています。

救急セットの中身を紹介

次に、自分でカスタマイズした、小屋泊用の中身を紹介します。

私の必携アイテム

ドイターファーストエイドキット中身
  1. ポイズンリムーバー
  2. 鼻ぽん
  3. 滅菌ガーゼ
  4. ハサミと毛抜き
  5. 非伸縮テープ
  6. キネシオテープ
  7. ワンタッチ包帯
  8. 目薬
  9. 三角巾
  10. ティッシュ
  11. 絆創膏
  12. 清浄綿
  13. 軟膏(虫刺され・日焼け用)
  14. 常備薬
  15. 整腸剤

①ポイズンリムーバー 蜂やアブに刺された時、毒の吸い出しに使用します。まだ使ったことはありません。

②鼻ぽん 鼻栓です。高所では鼻血が出やすくなる人もいます!他の方にあげたこともあります。結構便利。

③滅菌パッド 負傷箇所を覆うためのガーゼ

④ハサミと毛抜き 何かを切ったり、トゲを抜いたり。

⑤非伸縮テープ いろいろな固定に使えます。

⑥キネシオテープ 足首や膝に痛みが出た時の応急処置用。テーピング技術も習っておきたい。

⑦ワンタッチ包帯 テープの要らない伸縮性のある包帯が便利。

⑧目薬 目にゴミや虫が入る事、結構あります。ドライアイ気味なのもあり必需品。

⑨三角巾 何にでも使える万能選手。骨折の固定とか止血にも。

⑩ティッシュ 止血、汚れふき。

⑪絆創膏 靴づれ、ケガ用に大きさいろいろ。私はよく手の指がカサムケになるので必需品。

⑫清浄綿 滅菌済みなので患部の清拭に。濡れているから優しくふける。

⑬軟膏 アセムヒは、虫刺されと汗かぶれ兼用。パンパス軟膏は、ひどい日焼けをした時用。

⑭常備薬 内服薬はこぼれないようにまとめて袋に入れています。頭痛薬、鼻炎薬、芍薬甘草湯(つり防止)etc

⑮整腸薬 山の上ではお腹も調子悪くなりがち。ガス溜まりや便秘解消はビフィズス菌がおすすめ。

⑯保険証のコピー 画像にはありません。

  • 薬は消費期限をチェックしましょう。
  • 毎回、中身を確認し、不足しているものがあれば補充しましょう。
  • 季節に合わせてカスタマイズしましょう。ポイズンリムーバーや軟膏は冬には外しています。

その他にあると便利なもの

救急セットには入れませんが、持っていると便利なものを紹介します!

プラティパス

ソフトボトルに入れた水道水。傷口の洗浄に使います。消毒は今はしない方向になってます。

プラティパス口

プッシュプルキャップ(別売り)にすると、水の量を細く出来るので傷口の洗浄に便利です。

虫よけスプレー

虫よけスプレー。左はハッカ油スプレー(蚊・ブヨ)、右はひるよけスプレーです。小さい容器に詰め替えてポケットに入れ、すぐに出せるようにしています。

まとめ

いかがだったでしょうか?少しでも参考になれば幸いです。

自分自身、大きなケガはまだありませんが、足首を痛めて山小屋でキネシオテープを巻いたことがあります。また、高山では頭痛になりやすいので、頭痛薬は忘れずに持って行きますし、夏山で首の後ろが治療レベルの日焼けになってしまったこともあり、やけどの薬も常備しています。

救急セットは使わないに越したことはありませんが、もしもの時のためにも忘れずに持って行きましょう。

  • 救急セットは、あくまでも応急処置のためのものです。もし、ケガを負ったり体調不良になった時は、応急処置後速やかに下山して病院へ行くか、山小屋に連絡をしましょう。
  • 自分に合う薬が他人に合うとは限りません。むやみに薬をあげないようにしましょう。
  • 救急法などの講習会に参加したり、本を読んだりして、応急処置の知識も身に付けましょう。

コメント